俺はトーナメント派?エンジョイ派?

今日、久しぶりに古い日記を見ていた。

3月くらいからトーナメントが始まる。昔はJBに出ていた。高校2年生からNBCのトーナメントにでてそのままの流れでプロトーナメントへ・・・。2000年までやって辞めた。基本的にトーナメントが好きだ。人と競うのがすきなのだと思う。と言うか好きなのだ。しかし今はJBに出てた時と「トーナメント」に対する情熱は違うと思う。あのときのようにガソリンを炊き、時間を費やし、釣りたいのを我慢したり(釣れたかどうか別として)・・・。
今、あの時のような情熱があれば間違いなく破滅の道に歩んでることだろう。

多分釣りしている人の大多数の人は「他人より釣りたい=人と競っている」になるのではないだろうか。前に務めていたとこの社長はトーナメントは嫌いなんだよ!と言いながら釣り負けるのは嫌ときたもんだ。(一緒に釣り行ったことは2回ほどしかないけど)
そしてJBを辞めてからはバットネットにちょこちょこ出るくらい。そして今日、日記を見て思ったことはやはりトーナメントが好きなんだと思った(なんでそう思ったかと言うと文章が手抜きでないから)。単に魚を釣るだけでも楽しいんだけどやはり順位がついてべべよりは1つでも上にいたほうがいいにきまっている。惰性でトーナメントは出たくない。JBの最後のほうは変な使命感みたいな、出ないといけないみたいな(多分他の人もそうだったと思うが。人によってはスポンサーが!とかプロだから!とか)ものがあった。今の俺はそんなしがらみも変な気持ちもなくバットネットだけでて楽しんでいる。

釣りにいけていない

忙しくはないのですが微妙に仕事があって釣りに行けてません。もうすぐシーズンが終わってしまう・・・。
あと2回くらいは釣りに行きたい!

今日から

木浜の水門が開いたので気ままに釣りにいけます。雨だろうが雪だろうが大風だろうが・・・・。

フィッシングショーに行ってきます

業者日に行って来ます。
個人的に気になるのはシマノとティムコでしょうか・・・。
昔から使用してるものが多いので・・・。
リールとプラグだけですが・・・。